医療レーザー脱毛 多汗症

レーザー脱毛後に多汗症の発症を勘違いする理由

レーザー脱毛を受けた人の中には、急にかく汗の量が増えたと感じて、多汗症の症状が出たのでないかと心配する人が少なくありません。

 

では実際に発汗量が増えているのかというと、決してそういうわけではありません。
通常、汗腺から出た汗の多くは体毛に付着してそのまま蒸発してしまいますが、無駄毛がなくなると毛に付着して蒸発するという過程が無くなってしまうので、肌に直接流れ落ちるようになります。

 

しかし、実際に発汗量は施術前も後も変わることはありません。多くの人はこの現象の違いによって「前より汗をかく量が増えたのでは」という勘違いを起こしている場合が多いようです。

 

そのため、脇汗などの場合は、脇汗吸収パッドなどを活用して、肌を流れ落ちる汗に対する対処を心がけるようにすることがおすすめです。

 

ただ、このような体毛が無くなることによって起きてしまう物理的な仕組みを知らないでいると、汗っかきになってしまったのではという思い込みが助長して、どうしても脱毛をした箇所に意識が集中してしまい、恥ずかしさで緊張してしまう心理状態になってしまうことがあります。

 

すると自律神経がその緊張に反応して、汗を多量に分泌させてしまうという悪循環に陥ってしまうことがあるので、早く正しい知識を得て、脱毛部分に過剰な意識を向けないようにすることも大切です。

 

掲載サロン一覧

医療レーザー脱毛後に多汗症の発症を勘違いする理由

医療レーザー脱毛,多汗症

医療レーザー脱毛,多汗症

医療レーザー脱毛後に多汗症の発症を勘違いする理由

医療レーザー脱毛後に多汗症の発症を勘違いする理由

医療レーザー脱毛後に多汗症の発症を勘違いする理由

医療レーザー脱毛後に多汗症の発症を勘違いする理由

page top