医療レーザー脱毛 日焼け

医療脱毛に、日焼けはNG!その理由とは?

医療脱毛をする際に、医師から日焼けはしないようにと言われるのではないでしょうか。
でもその理由がいまいち分かりにくかったりしますよね。
実は、とてもシンプルで、施術に用いるレーザーが日焼けに反応してしまうからなのです。
レーザーで脱毛する際、多くのクリニックで取り入れられている機材は、毛の中にあるメラニン色素に反応するものを使用しています。
主にアレキサンドライトレーザーと呼ばれていますが、メラニン色素がある黒や茶といった暗い色に反応するレーザーを採用しています。
日焼けをしている肌も、普通に比べると、メラニン色素の量が多くなっていますよね。
その為、医療レーザーを照射することでやけどになることがあるため、日焼けはNGと言われています。
ところで、医療レーザーを照射する際、お肌にかなりの熱が加わるので、お肌の乾燥も進んでしまいます。
また、日焼けをするときもお肌の水分が奪われていくので、医療脱毛をした直後に日焼けしてしまうと、余計にお肌の乾燥が進んでしまうことになります。
その為、脱毛前だけでなく、脱毛後も紫外線対策は万全にしておかなければなりません。
少なくとも、脱毛に通っている間は、常に日焼け対策をするようにしておきましょう。

掲載サロン一覧

医療レーザー脱毛に日焼けはNG!その理由とは?

医療レーザー脱毛,日焼け

医療レーザー脱毛,日焼け

医療レーザー脱毛に日焼けはNG!その理由とは?

医療レーザー脱毛に日焼けはNG!その理由とは?

医療レーザー脱毛に日焼けはNG!その理由とは?

医療レーザー脱毛に日焼けはNG!その理由とは?

 

page top