フラッシュ脱毛

フラッシュ脱毛(光脱毛)の仕組み|永久性や効果とメリットとデメリット

■よく目にするフラッシュ脱毛ってどんな仕組みなの?

 

脱毛について調べていると「フラッシュ脱毛」という言葉をよく目にします。
フラッシュ脱毛とは、特殊な波長の光を肌に当てて脱毛していく方法であり、別名「光脱毛」とも呼ばれています。

 

フラッシュ脱毛に使われている光は2種類あります。
そのひとつであるIPS(インテンスパルスライト)は、色素の濃いものに反応し熱ダメージを与える性質があり、ムダ毛の毛根にダメージを与え脱毛を促していきます。
ムダ毛には成長期・退行期・休止期というサイクルがあり、これを毛周期と呼んでいます。
フラッシュ脱毛を行うと、このうち成長期にあるムダ毛の毛根にダメージを与えることができるのです。

 

もうひとつの方法であるSSC(スムーススキンコントロールメソッド)は、特殊なジェルをお肌に塗布し、そこにクリプトンライトを当てて有効成分を毛穴に浸透させ、ジェルと光によりムダ毛の成長を抑えていく仕組みです。

 

この2つは脱毛の原理が違いますが、どちらも光を使用しムダ毛の成長を抑える原理が共通しており、毛周期に合わせてこれらの施術を繰り返していくことで、脱毛が進んでいくという仕組みになっており、医療レーザー脱毛と違ってフラッシュ脱毛には永久性がありませんが、それに近い効果を得ることができる脱毛方式です。

 

 

フラッシュ脱毛のメリット

 

フラッシュ脱毛には以下のようなメリットがあります。
・痛みや衝撃が少ない
・ヤケドなどのお肌トラブルが起こりにくい
・レーザー脱毛に比べて安価であることが多い
・施術の時間が短くて済む
・フォトフェイシャルの効果が得られ、美肌になれる

 

医療用レーザー脱毛のように、ゴムで弾かれたような強い衝撃や痛みがフラッシュ脱毛にはほとんどありません。
光で毛根に熱ダメージを与え毛が抜けるという仕組みは、医療用レーザーもフラッシュ脱毛も同じですが、フラッシュ脱毛の威力はレーザーの数分の1であり、ヤケドなどの副作用も少なくなっています。
強い痛みを感じやすいワキやvioなどのデリケートな部位も、フラッシュ脱毛なら我慢できる人が多いようです。

 

医療脱毛やニードル脱毛などに比べると、フラッシュ脱毛の1回の施術にかかる時間は広い範囲を脱毛できることもあり短時間で終了するので、施術後の疲れを感じにくいというメリットがあります。
施術が短時間で終わるということは、仕事や学業の合間にも通いやすく、多くの回数を短い期間でこなせるという利点もあります。

 

またフラッシュ脱毛の脱毛料金が、医療脱毛やニードル脱毛よりも安価であることもメリットとして挙げられます。
さらにフラッシュ脱毛で使われる光は、シミや色素沈着などの改善のためにエステでも用いられている美肌効果のある光で、肌トラブルも一緒に改善できる可能性があるのです。

 

 

フラッシュ脱毛のデメリット

 

フラッシュ脱毛にはデメリットもあります。

 

・他の脱毛方法と比べて効果が弱い
・色素の薄いムダ毛や産毛には効果ない
・施術回数が多くなり、期間が長くなりやすい
・脱毛を終えてもまたムダ毛が生えてくることがある

 

 

ムダ毛の太さや濃さなどの条件により、効き目が現れにくい、または効かないこともあります。
また色素の濃いところに光が集まる性質を利用しているフラッシュ脱毛は、色素の薄いムダ毛や産毛などには効果が出にくい、または効果なしのことがあります。
そして1回あたりの施術時間が近い反面、多くの回数通う必要があったり、トータルの期間が長きに渡ることがあります。
そしてフラッシュ脱毛は永久脱毛ではないため、人によっては全身脱毛が完了した後に、気づいたらまたムダ毛が生えてくることもあるのです。

 

 

代表的な脱毛サロンのフラッシュ脱毛機器について

・キレイモ
キレイモでは「Piel」というIPL脱毛器を採用しています。
光を毛根部に当て熱エネルギーを発生させるという仕組みは、医療用レーザーと同じです。
キレイモ独自の施術試験に合格したスタッフのみが脱毛器を扱うため、安心して施術を受けることができます。

 

 

・銀座カラー
銀座カラーではIPL脱毛器を採用しています。
機器に独自のヘッドを取付け、照射範囲を広くしたりデリケートな部位にも施術できるといった工夫により、痛みや苦痛などを感じず短時間で施術を終えられるようになっています。

 

 

・シースリー
シースリーでは「C3-GTR」というIPL脱毛器が導入されています。
光線の連射が可能となり、施術スピードが速くなるというメリットがあり、マシンに備わる冷却装置で、IPL脱毛器で施術した際の痛みや衝撃をやわらげ、熱からお肌を守ることができます。

 

 

・恋肌
恋肌には2017年から新しいマシンが導入されました。
最新マシン「クリスタルスキン」と従来の「LVS」「シルキーライト」は、どれもIPL方式の機器です。
クリスタルスキンはIPL脱毛の際に生じる衝撃や痛みなどを極力カバーするため、機器自体に冷却機能がついています。
そのため保冷や冷却ジェルの塗布の必要がなく、施術時間も短縮されています。

 

 

・コロリー
コロリーではSSC方式の脱毛器を採用しています。
制毛成分配合のジェルを塗布し、クリプトンライトを当てて肌に浸透させる仕組みです。
全店舗に高速マシンが導入されており、施術にかかる時間が短くて済むという利点があります。

 

 

・ミュゼプラチナム
ミュゼプラチナムではSSC方式の脱毛器を使用していて、1秒で200本の毛を処理でき、両ワキで3分という短時間で施術を終わらせることができます。
お肌に優しく、痛みがほとんどないのが特徴です。

 

 

・ストラッシュ
ストラッシュの脱毛器はSHR方式を採用しています。
これはIPLやSSCと違い、毛包に作用する光を使用しているのが特徴です。
毛周期を考慮する必要がなく、一度の施術ですべての周期のムダ毛を脱毛できるメリットがあります。

 

 

・脱毛ラボ
脱毛ラボではSSC方式の脱毛器を使っています。
サロンオリジナルの「プリンセスケア・トリートメントモイストジェル」との相乗効果で、高い脱毛効果と美肌効果を実現し、施術にかかる時間も短く、最小限の負担で済むという特徴があります。

 

 

痛みが少なくお肌にやさしい!フラッシュ脱毛なら美肌効果も得られます

 

「なるべく痛い思いをしたくない」
「お肌を荒らしたくない」
「脱毛しながらお肌をきれいにしたい」
という人には、フラッシュ脱毛がおすすめです。
医療レーザー脱毛に比べると威力は劣りますが、お肌への衝撃が少なく安全に脱毛できるということを表しています。
脱毛効果が出るまでの時間は他の方法よりかかりますが、低価格であることも手軽に脱毛を始める後押しをしてくれるでしょう。

 

永久脱毛にこだわるあまり、毎回激しい痛みやお肌トラブルを我慢するのはもったいないことです。
痛みに耐えなくてはならないと思うと、クリニックに通う足も鈍ってしまいます。
まずは一度無料カウンセリングやテスト照射などを受けて、痛みの有無やお肌への優しさなどを体験してみるといいでしょう。

 

掲載サロン一覧

フラッシュ脱毛(光脱毛)の仕組み|永久性や効果とメリットとデメリット

フラッシュ脱毛

フラッシュ脱毛

フラッシュ脱毛(光脱毛)の仕組み|永久性や効果とメリットとデメリット

フラッシュ脱毛(光脱毛)の仕組み|永久性や効果とメリットとデメリット

フラッシュ脱毛(光脱毛)の仕組み|永久性や効果とメリットとデメリット

フラッシュ脱毛(光脱毛)の仕組み|永久性や効果とメリットとデメリット

page top